話題の数秘術「運命数」とは〜人気占い師が解説。その内容は口コミでも評判となり有名占い師でも参考にしてます。

■ 数秘術とは

数秘術とは古代バビロニアで発展した学問として1〜9及び11と22の各数字に秘められた運命数の象意を読み解き、占星術やタロットカードの起源とも言われています。

人間の運命や基本性格などあらゆることを知る手掛かりとなり、現世での利益を得るには「数字」というものが重要視されていることが分かります。

では運命数の計算方法についてお伝えします。

運命数

■ 運命数の計算方法

西暦で生年月日を書きます。

年/月/日の数字を分解し、それぞれ一桁になるまで足していきます。

途中でマスターナンバー11または22が出たら計算はいったん終了です。

それでは計算例をあげて、より詳細に説明しましょう。

■ 計算例:1985年5月18日生まれ

  1. 年:1+9+8+5=23 → 2+3=5
  2. 月:5=5
  3. 日:1+8=9
  4. 最後に、年月日の一桁を足していきます。
  5. 5+5+9=19 → 1+9=10
  6. 運命数は「10」となります。

■ 計算例:1985年11月18日生まれ(マスターナンバーがある場合)

  1. 年:1+9+8+5=23 → 2+3=5
  2. 月:11=11(マスターナンバーのためそのまま)
  3. 日:1+8=9
  4. 5+11+9=25 → 2+5=7
  5. 運命数は「7」となります。

■ 備考

運命数を計算してみて誕生日や名前に秘められた、あなたの運命を知ってみませんか?

好きな人との相性や結婚運、さらに適職を知ることもできます。

これから進むべき道に迷っている人は数秘術を活用し、自分の秘められた運命を紐解いてみましょう。

前のページ