「手相占い」の見方〜話題の占い師が解説。その内容は口コミでも評判となり有名占い師でも参考にしてます。

■ 「手相占い」とは

手相占いとは「宿命」ではなく「運勢」を読み解く方法です。

「運勢」とは運と不運の巡り合わせや、その勢いのことを指します。

手の平に現れる線や丘、爪の状態、肉付きをはじめとする手の形態に着目することで、その人の性格や才能、健康状態、運勢を判断できます。

この占いの方法に、生年月日や名前といった情報は必要ありません。

手を視るだけでアドバイスすることが可能というわけです。

手相占い

■ 手相の起源

世界にたった一つのあなただけの固有の紋様である手相。

それは「人生の地図」といっても過言ではありません。

古代では「宇宙の惑星からの波動を受けるアンテナ」と信じられ、惑星から人に与える影響が脳に伝わり、手に表れていると考えられいたそうです。

手相占いは「占い」と言うより「統計学」の一つであるという意見もあります。

発祥は約3000年〜5000年前の古代インドという説が有力で、仏教とともに中国に伝わり易学を取り入れ発達しました。

中国の手相術は運命判断だけでなく、病気を診断する手段の一つもあります。

日本には平安時代に易学とともに中国から伝わり、一般に普及したのは江戸時代末期といわれています。

手相占い

■ 手相には「静」と「動」が存在する

手相は、その持ち主が毎日積重せねてきた結果を忠実に表していると言えます。

変化の少ない「静」の線、人生の経験や努力で変わる「動」の線が存在し、刻一刻と変化し続けます。

同じように見えてもあなたの手相は、昨日とは異なっているはずです。

■ 備考

自分の内なる世界との架け橋である手相で、より自分らしく生きるためのアドバイスを得てください。

希望に満ちた未来を自分の手でつかみ取りましょう。

前のページ