風水で悩み解決〜当たる占い師がアドバイス。その内容は口コミでも評判となり有名占い師でも参考にしてます。

■ 「風水」の歴史とポイント

風水とは約四千年前に中国の風土と歴史の中で発祥した、実用的な「居住環境理論」です。

「玄関」が最も重要視され、運気を左右する場所と言われています。

全ての気は玄関を通って家の中に入っていますので、清潔に保つようにしましょう。

風水の考え方の中に「龍脈」というものがあります。

■ 「龍脈」とは

「龍穴」は大地におけるツボです。

まるで温泉が湧くように「気」が吹き上がっているそうです。

古来から人々は繁栄を願い龍穴を探し出し、その土地に家などを建てました。

風水(龍脈)

■ 江戸繁栄のためにも

江戸はもともと関東の片田舎でした。

湿地だらけの土地であったのを、徳川家康の信頼厚い「天海僧正」が風水に則って設計し、世界でも有数の風水都市へ発展を遂げたと言われています。

天海僧正は武田信玄、豊臣秀吉、そして徳川家では家康、秀忠、家光と三代目にいたるまで長く仕えた謎の多い僧です。

江戸が長年にわたり安定し繁栄できたのは、風水を巧みに利用した先人の智慧があったからでしょう。

風水(江戸)

■ 人生のターニングポイントで活用

風水は日常生活でも何かしらの繋がりがあり、身近な場面で簡単に活用できる優れた占いです。

引っ越しや転職する際には風水を知識を活かし、少しでも良い運気を取り入れてください。

人生のターニングポイントには風水で当たる占い師のアドバイスを受け、ぜひ開運のチャンス手に入れてほしいものです。

■ 雑学

風水とは世界中に浸透し、日本でも最も注目を浴びている占いの一つと言えます。

しかし残念ながらTVや雑誌に載っている風水師とは“モドキ”であり本物の風水師ではありません。

風水に「ラッキーアイテム」や「ラッキーカラー」などは存在せず、そのような内容に効果は考えられません。

本物の風水学とは、まず方位を8つ(北・北東・東・南東・南・南西・西・北西)に分け、使いやすいように「吉凶」に色をつけ、さらに「八門」「八神」という要素を文字で盤上へ表示しています。

また、盤は一般的に南が上になっていることが多いのですが、地図上へ表示する関係上、風水空間で使用する盤は北が上となっています。

盤は、年盤・月盤・日盤・時盤と4つに区分されます。これらの盤を目的によって使い分け、使用した際に続く作用期間もそれぞれの盤で大きく異なってきます。

【年盤】

主に移転などに利用します。但し、年盤は非常にゆっくり効果が現れると言われています。その為、移転先の吉凶と交じり合ってはっきりとした効果が現れにくいため、通常の移転では月盤で吉凶の判断を行います。現れた効果の作用期間は、60年ほどと言われています。

【月盤】

主に移転や長期の旅行などに利用します。引越しなどの移転に月盤を利用した場合、移転後しばらくは外泊を控え、吉の作用を受けやすくすると良いでしょう。月盤の効果は、引越し後45日程度経ってから現れるとされ、その作用は5年ほど続きます。旅行に月盤を利用する場合、期間は一週間以上、そして一箇所に滞在する旅行であるということが大切です。移動を繰り返す旅行には日盤を使用してください。

【日盤】

日帰り旅行や短期の宿泊旅行などに利用します。日盤を利用するには最低50km以上の移動が必要です。(通学や通勤での日常の移動距離が50km以上の場合は、その距離より遠くへの移動が必要となります)吉方位へ出かけた場合は、およそ4〜6時間現地に留まることにより効果が現れるとされ。作用期間は60日ほどと言われています。

【時盤】

デートやお買物、ビジネスでの外出など、数時間の外出に利用します。時盤は2時間ごとに変化しその時間帯も決まっています。日帰り旅行などで、どうしても凶方位へ出かけなければならないという場合に、時盤で出発時間を調整するという手段もあります。時盤を利用して、その効果を受けた場合の作用期間は5日ほどです。

【得点】

様々な占術の要素を組み合わせ得点を算出し、吉凶方位の判定を行っています。風水カレンダーでは、総合的に見て運気が良い方位から得点を出していき「吉(ピンク・黄色)」「平(白)」「凶(緑・青)」と判定しています。但し、お出かけやお引越し風水では目的に対して最適かどうかで吉凶を出しているため、必ずしも吉方位の方が高い得点とは限りません。お出掛けやお引越し風水に関しては、地図上や盤の吉凶(色)とアドバイスなどで判断をして下さい。

【八門・八神】

吉凶の判定をしている様々な要素の中で、特に効果がわかり易いものが盤上に漢字で書かれている「八門」と「八神」です。前述の通り、得点は目的に対して最も適している方位と判断し吉凶の色分けをしています。もし他の効果も欲しい、見たいという方は、下記の八門・八神の説明を参考にして、盤上にある漢字と照らし合わせてみて下さい。但し、その際も凶(緑色と青)の方位は避けるようにしましょう。

前のページ