テレビや雑誌でも大注目!あの有名人もお願いしている人気占い師が恋愛を叶える占術を大披露!

■ 縁結びの法則A 「縁結び神社」

出雲の古い民謡で「早く出雲の八重垣様に、縁の結びが願いたい」と歌われ、信仰を集める「縁結び神社」があります。そこは出雲の縁結びの大神が祀られており、恋占いもできることでも有名です。

素敵なご縁に恵まれ、幸せになりたい方は是非ご覧ください。

山奥に鎮座する美しい「八重垣神社(やえがきじんじゃ)」

  • 八重垣神社(やえがきじんじゃ)
  • 住所:島根県松江市佐草町227
  • アクセス:松江駅「八重垣神社」行きバス30分

八重垣神社

日本神話「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治」で名高い、スサノヲノミコトとクシナダヒメの夫婦が御祭神です。恋愛成就、夫婦和合、子宝に恵まれるスポットとして有名。

クシナダヒメが、ヤマタノオロチから避難した場所が八重垣神社と言われています。スサノヲノミコトがヤマタノオロチを退治するとき、佐草の里の大杉(奥の院)を中心に八重の垣根をはりめぐらせ、クシナダヒメを守りました。そのお二人が縁結びの神様となって、多くの人に良縁を与えているんですね。

大人気!「鏡の池縁占い」

八重垣神社の拝殿後方に「鏡の池」があり、「縁占い」ができると大人気です。

「鏡の池」はスサノヲノミコトに従い、ヤマタノオロチから身を隠していたクシナダヒメが水を飲んだり、鏡代わりに姿を映し祈りを捧げた池であると伝わっています。

「縁占い」の方法

  • 薄い半紙に10円か100円を乗せ、池に浮かべます。
  • 1つだけ願いごとをしながら、紙が沈むのを待ちましょう。
  • 15分以内に沈むと縁が近く、30分以上かかると縁が遠いと言われています。占い結果の文字も浮き出てくるので、楽しみですね。
  • 水の流れて遠くで沈めば遠くの人と縁があり、手前で沈めば近くの人と縁があるとも言われています。

紙の上をイモリが横切って泳いでいくと、とっても吉縁に恵まれるそうです。

縁占い

夫婦愛の象徴「夫婦椿」

境内には椿の木が多のですが、クシナダヒメが植えた椿の子孫であると伝えられています。その中に話題の「夫婦椿」があります。

2本の椿が1本のようにくっついている姿が、一身同体で仲良く寄り添う夫婦のようです。とてもロマンチックですね。春頃になると、不思議なハート型の二葉が落ちてくることがあり、御神徳の表れと大切にされています。

夫婦椿

この珍しいハート型の葉は、お守りが売られている「神社社務所」の奥に飾られているそう。八重垣神社で参拝をしたら、せひ見てみましょう。